美容外科での麻酔について


美容外科で使用される麻酔にはさまざまなものがあり、クリニックによっても違います。当院では、手術の種類、患者様の希望などに応じて適切な麻酔方法を選択しております。
美容外科の手術の場合、病気とは違い緊急性を要さないため、安全性が最も重視されます。

【局所麻酔(部分麻酔)】

簡単な手術に使われる麻酔で、美容外科ではどの手術でも必ず使用するものです。基本的には安全な麻酔方法ですが、局所麻酔の量が多すぎると安全とは言えなくなります。脂肪吸引など大きいの手術の場合には、局所麻酔他の麻酔方法を併用した方が安全性が高まります。

【硬膜外麻酔】

無痛分娩などで使われる方法です、脊椎のすぐ後ろにある硬膜外腔と呼ばれる空間に細いチューブを入れ、そこから麻酔液を入れることで、足だけとか、お腹だけの痛みをとることが可能です。硬膜外麻酔には高度な技術が必要ですが、技術を持った医師が行えば安全な方法です。

【静脈麻酔】

文字通り静脈の中に麻酔液を入れて、痛みをとったり、眠れるようにする麻酔です。クリニックによって使用する薬が違いますので、ひとことで静脈麻酔といっても、中身は大きく違います。当院では、プロポフォールを使用し、シリンgジポンプ(持続注入器)を用いて行いますので、痛みを全く感じずに、安全に、覚めも早いものです。

静脈麻酔の費用 3万円

超音波脂肪吸引豊胸術フェイスリフトミニリフトオートファイバーには、静脈麻酔の費用は含まれております。その他の手術の際に静脈麻酔を希望される方のみ、費用をいただいております。

【クリニックによる静脈麻酔の違い】

他院麻酔

 

多くの美容外科クリニックでは、静脈麻酔とは言っても、図のように、薬を注入し時間が経過すると薬の効果が切れてきます。患者さんが「痛い」などと言って起きた際に薬を追加すると再び眠る、という繰り返しになります。
深くなりすぎると呼吸抑制がきたり身体への負担が大きくなります。また、浅すぎると痛みを感じたり、少しウトウトとするだけで、何をされているのかがわかり不安になります。

 

うまみ美容クリニック麻酔

当院では、シリンギポンプ(持続注入器)を使用し、 プロポフォールと言う薬を持続的に注入することで、最適な麻酔深度を保つことが可能です。
そのために、深すぎて呼吸抑制をきたすこともなく、浅すぎて痛みを感じることもありません。また、プロポフォールは、吐き気が殆どなく、覚めもとても早い(キレが早い)薬ですので、身体への負担が少なくてすみ、理想的な麻酔方法と言えます。

【全身麻酔】

広範囲にわたる手術、完全に眠っている間に手術を終えたい方などに用いる麻酔方法です。静脈麻酔と違い、呼吸も機械で補助する必要があり、身体への負担が大きくなります。
エラ削りなどの大きな手術で使用し、手術後は、入院が必要になることが多いです。


院長紹介
コンセプト
施術一覧
料金表
アクセス
未成年の方へ
メールマガジン登録
求人情報
Topページへ戻る

無料メールカウンセリング
info@umami-bc.com
※ドメイン指定拒否をされている方は解除してからメール送信してください。

お問い合わせ・ご予約
0120-929-901
携帯からでも可能ですが、つながらない場合には、
06-4796-1323
におかけください。

大阪府大阪市北区堂島2-1-31
京阪堂島ビル3F
 うまみ美容クリニック

(C) Umami Beauty Clinic