美容整形で失敗しないために

皆さんが美容外科で手術を受ける際に、一番気がかりなのは 「失敗しないか」 と言うことではないでしょうか?

患者様から良く聞かれる質問の中に「失敗は無いでしょうか?」と言うものがあります。実はこの質問に的確に答えるのは難しいのです。一言で「失敗」と言っても、何が失敗かと言うことも難しいのですが、多くは患者様のイメージしている仕上がりと結果とのギャップが大きいことです。このギャップを完全になくすと言うことは難しいですが、カウンセリング?でしっかりと話し合うということが一番重要です。5分、10分のカウンセリングで患者様と手術をする医師との間のイメージ?のギャップ?が埋まるとは考えづらいのです。また、当院では、手術によってはPCの画像シミュレーションを利用することによって、患者様が考える「ちょっとだけ」とか「たくさん」と言った表現のイメージ?が伝わりやすくしています。

他にも、手術の安全性に対しての不安や取り返しのつかないことにならないかと言った心配から「失敗はないか?」と言う疑問になることも多いようです。

【施術の効果について~広告表現に注意】

美容外科にはさまざまな施術があります。特に、若返りの分野に関しては、頬のたるみを改善する方法だけでもとても多くの施術があり、何が良いのかが本当にわかりづらいと思います。施術によっては効果が高いものもあればそれほど効果が望めないものもあるとお考えください。

広告では「~に効果があります」と言う表現を良く目にします。ここで誤解してはいけないのは、「効果があります」と「効果が実感できます」とは違うと言うことです。例えば、「やせる効果があります」と言われて何かの薬を飲んで、自分ではやせた実感が無かったとします。でも数百gやせていれば「効果があった」と言われてしまうのです。
さらに言うと、「効果が実感できる」と「効果に満足できる」とも違うのです。確かに少しやせたかなぁと感じても、自分が想像していた効果と違えば満足はできないのです。
患者様は、「効果がある」と言う表現に惑わされて(悪い言い方で言うと、騙されて)施術を受けてしまうと結果的に満足できずに「がっかり」してしまうことがあります。

一般的に言うと気軽に受けられる施術ほど効果が少ないものと考えてよいでしょう。 頬のたるみを改善する施術で言えば、効果は、フェイスリフト(ミニリフト)>エンドタイン>ハッピーリフト>タイタンと言ったような感じです。簡単な施術から大きな手術までをメニューに揃えている当院では、それぞれの特徴と効果も含めてお話し、患者様の抵抗感なども考慮し、最適な施術を提案することができます。ただ、簡単な施術(機械を利用した施術)しか行なっていないクリニックでは、手術と言う選択肢が無い中からの提案になりますので、(メニューの中での比較で)「効果が高い」と言う表現になってしまい、患者様の求めるものとは違ってくる可能性があります 。結果が求めるものと違うと感じてしまえば、失敗と感じてしまうことでしょう。

もうひとつ気になる広告表現があります。「効果がなければ返金します」というものです。上記のことを理解していれば、「効果がなければ返金します」→「実感できなくても効果があれば返金はされない」と言うことがわかるでしょう。例えばバストの脂肪注入などでも手術前のサイズと手術後のサイズで数ミリでも大きくなっていれば「効果がある」と言うことになってしまいます。数ミリなどは、計り方で簡単に変わってくるものです。

【症例写真について】

美容外科クリニックの広告には症例写真を掲載しているものがとても多いものです。患者様からすると、症例写真があった方が「手術後のイメージがわかるので安心」とか「医師の技術レベルが想像できるから安心」となるのだと思います。
その気持ちも良く理解できますし、実際に当院に来られた患者様に「症例写真は無いのですか?」とか「症例写真が見れないならやめます」と言われることもあります。
ですが、当院では基本的には症例写真をお見せしておりません


その理由は、クリニック側の事情を考えてみるとわかりやすいかもしれません。仮に、同じ施術をした100例の症例写真を持っているとしましょう。その中で患者様にお見せする写真はほんの一部になります。その場合、果たしてランダムにお見せすると思いますか?できばえの良い(効果の高い)写真を厳選してお見せするのが当たり前ですよね。 でも、それを見た患者様は、その写真で見れる効果がその施術の効果(の平均)だとか、自分も同じような効果がでると勘違いしてしまうのです。言い方を変えると、患者様に誤解を与えるために症例写真を見せていると言っても過言ではないでしょう。 また、写真はいくらでも修整ができますし、手術後の写真で2週間後の写真を3日後と偽ることもできてしまいます。そういった意味で、誤解を与えるような症例写真は当院では基本的にはお見せしない方針だと思ってください。
例外として、当院のスタッフが受けた手術の症例写真はお見せしています。これは、相当数ある中から良いものだけを選ぶと言う性格のものではないので信頼性が高い情報だと思うからです。

【カウンセリングについて】

カウンセリングはとても重要です。短い時間でカウンセリングが可能な施術もありますが、豊胸のカウンセリングなどでは、どんなに要領よく話しても30分程度はかかるものだと考えてください。短時間で経過だけを簡単に説明するだけだったり、「大丈夫ですから任せてください」とだけ言うようなクリニックは信頼できません。

患者様の満足を考えると、カウンセリングによって患者様の考えている仕上がりのイメージと医師のイメージのギャップを少しでも埋めることが必要になります。いくら技術が優れている医師でも、イメージしているものが違えば、患者様は決して満足できないからです。当院のカウンセリングでは、時間をかけたりPCシミュレーションというツールを利用することで、患者様とのギャップを最大限埋める努力をしております。

また、カウンセリングによって患者様と医師との間に信頼関係が生じることが大切です。手術前は必ず不安があるものですが、カウンセリングでしっかりと納得し、信頼できる医師のもとで手術を受けるようにしてください。手術前の信頼が、手術後も通じて最終的な満足につながることがとても多いものだと思います。

【手術後の仕上がりについて~アフターケアの重要性】

手術の仕上がりに一番重要なのは医師の技術であることは言うまでもありません。
例えば「脂肪吸引の失敗」で良く聞くのが、凸凹になったとか、取りすぎて凹んでしまったとか、全然取れていないというようなことです。脂肪吸引は特に医師の技術による違いがでやすい分野ですので、医師を選ぶことが何より大切です。
では、技術だけがよければ手術後は放っておいて良いのでしょうか?手術の内容によってはそれでも良い場合もありますが、豊胸手術や脂肪吸引といった手術の場合、アフターケア・アフタートリートメントが仕上がりに影響します。それをしないからおかしくなると言うことではないですが、アフターケアによって仕上がりを一段上のレベルのものにすることができるとお考えください。
アフターケアをしっかりとするかどうかもクリニック選びの重要な要素とお考えください。

患者様は手術前に不安なのは当たり前ですが、実は手術後にも別の不安があります。腫れなどがあり、事前にお話は聞いていても「ちゃんと腫れが引くのだろうか?」とか「希望の通りになるのだろうか?」と考え不安になりがちです。特に一人で考えていると余計に不安になりますので、アフターケアや診察でクリニックに足を運んだり、診察を受けるだけでも不安は減ります。

また、どのような手術でも手術後すぐに完成するわけではありません。どんなに優れた医師がどんなに丁寧に手術を行なっても腫れは避けては通れないものです。
カウンセリングなどによって医師との間に信頼関係ができていれば通常問題ないのですが、あまり信頼関係が確立されていない状況ですと問題が生じることがあります。腫れが心配になったり、希望の状態と違うと感じて、診察に行き、「腫れがあるので通常の経過ですからそのまま様子を見てください」と言われたとしても、医師に対しての信頼関係がないと、患者様はますます不安になり、他のクリニックに意見を求めにいくことがあります。セカンドオピニオンを求めること自体は決して悪いことではないのですが、他のクリニックの医師が誠実ではない場合、通常の経過であっても「これは大変だ。すぐに手術をしないと取り返しがつかなくなる」などと患者様の不安をいたずらに煽り、手術を勧める場合があります。 ここで手術を受けてしまうと、患者様は余計な経済的負担が起こり、尚且つ始めに手術を受けた医師に対しての不信感ができてしまいます。このようなことを防ぐためにも、信頼できる医師の手術をうけることが大切ですし、信頼したならばいたずらに不安にならずにいた方が良い場合が多いものです。

【安全性について~事故が起こる原因】

美容外科の手術の安全性について疑問を持っている患者様も多くいらっしゃいますが、基本的には美容外科の手術は安全性が高いものです。お腹や心臓などの手術と違い、身体の表面的な部分を扱うからです。よほど技術が未熟だったり乱暴な手術を行なわない限り危険なことはないでしょう。

ではなぜ、美容外科での手術で死亡事故が起こるのでしょうか?ほとんどのケースは麻酔による事故です。これは決して麻酔が危険だと言うことではありません。医師が麻酔を適切に行なうことができないことが主な原因です。美容外科に携わっている医師の中には、残念ながら麻酔や全身管理の知識や経験のほとんどない医師もいます。そういった医師が麻酔をすると、静脈麻酔を使用できないために局所麻酔を過剰に入れてしまったり、静脈麻酔を適切に使用できずに過剰に投与してしまったりといったことが起こりえます。また、万が一、突発的なことが起こった場合に全身管理の経験がないと適切に対応できずに事故につながったりということがあります。

麻酔の方法もクリニックによってさまざまです。単に「静脈麻酔」と言っても、使用する薬や投与方法によって安全性が大きく変わってくると思ってください。当院では、プロポフォールという薬をシリンジポンプという機械で持続的に投与する方法は安全性が高く、覚めも早い方法です。美容外科の麻酔についてのページもありますのでご覧ください。


院長紹介
コンセプト
施術一覧
料金表
アクセス
未成年の方へ
メールマガジン登録
求人情報
Topページへ戻る

無料メールカウンセリング
info@umami-bc.com
※ドメイン指定拒否をされている方は解除してからメール送信してください。

お問い合わせ・ご予約
0120-929-901
携帯からでも可能ですが、つながらない場合には、
06-4796-1323
におかけください。

大阪府大阪市北区堂島2-1-31
京阪堂島ビル3F
 うまみ美容クリニック

(C) Umami Beauty Clinic